こんにちは!はっちゃんです。

僕はサッカーやフットサルが大好きで、30年以上続けてきました。

毎日がサッカーありきの人生を送ってきました。

20代の頃は、次の日に仕事があっても、夜中の12時までサッカーして、
10km以上の道のりを自転車をこいで帰る、という生活を送っていたこともあります。

そんなサッカー中毒だった僕が、経験や知識を超厳選してお伝えしていきます。

あなたのサッカーやフットサル生活にガンガン役立てもらえれば光栄です。

今回は、サッカーやフットサルの基礎であるリフティングについての記事になります。

一見、サッカーやフットサルが上手い人の中でも、リフティングができない人は意外と多いんですね。

そんな方を見ると、リフティングをマスターすればもっとうまくなるのに…と少し悲しい気持ちになります。

なぜなら、リフティングはすべてのボールコントールにつながる基礎技術だからです。

なのでサッカーやフットサルを始めたけど、どんな練習をすればよいか分からない、

というあなたはまずリフティングからマスターしましょう。

そして、

 「めっちゃ練習してるのになかなか上手くならない!伸びている気がしない。」

 「仲間のレベルまで追いつきたい!ライバルに差をつけたい!」

 「試合中いつもミスしてボールを失って情けなくなる」

 「視野がせまくて試合中に焦ってしまう、いつも焦るな!って言われてへこんでる…」

というあなたも、まずはリフティングを練習しましょう。

リフティングが上手くなれば、シュート、ドリブル、パス、トラップ、全てのボールコントロールが上手くなります。

まさに、リフティングを制する者はサッカー制します。

その証拠にこちらの動画をどうぞw

 

世界や日本で活躍する選手は必ずリフティングが上手です。

・・・当たり前ですねw

 

すみません、趣味で見ていた動画をあなたと共有したかっただけですw

 

リフティングはボールと身体さえあればできます。

はだしでもできます。お金もほとんどかかりません。

好きな時に好きなところで、気軽にできるので運動不足も解消できますね。

ランニングやジョギングを始めるのはきついけど、リフティングぐらいなら楽しく続けられます。

 

ただ、リフティングする前に気をつけたいのは、間違った方法で練習しないということです。

間違った方法で練習をすると、なかなか上手くならないどころか、変な癖がついて下手になってしまいます。

幼少の頃コーチに「ふざけてボール触るな!下手になるぞ」とよく叱られたものです。

一度ついたクセを直すのは、マイナスからのスタートですので、2倍以上の労力がかかります。

 

せっかく練習するのだから上手くなりたいですよね。

でも、安心してくださいね。

この記事を読めば、リフティングのコツや練習方法が分かります。

これは僕の経験からお伝えするものなので、どの本にも書いてないことですし、誰も教えていないことだと思います。

もし同じことを言っている人がいれば、それは僕のパクりですw

身近にサッカーを教えてくれる人がいない!というあなた。

安心してください。

この記事の内容をしっかり頭に叩き込んで練習すれば、あなたのリフティングスキルはぐんぐん伸びていきます。

 

まずはリフティングの目標は10回から!

初心者の方がリフティングを始めるのってエネルギーが要りますよね。

何事も始めはエネルギーがいります。

1回、2回できてもすぐボールを落としてしまって上手くいかなかったり。

僕も最初は1、2回しかできませんでした。

 

それがだんだん続けて3回、4回とできるようになり、そのうち10回できるようになります。

練習すれば1週間でできるようになります。

初心者の方は10回を目指しましょう。

 

リフティングの秘訣とは?

それでは、ここからリフティングのコツをひとつずつご紹介しますね!

コツ1:インステップで蹴る

まず、基本的なことから。インステップにボールを当てましょう。

インステップとはここです。

画像引用:https://jr-soccer.jp/2013/08/28/post11704/

くつの紐のところですね。

フリースタイルなどの動画などの解説を見ると、親指や親指の足の付け根で蹴るといった説明もありますが、これはある程度サッカー経験者が挑戦するレベルです。

足の親指で蹴るとコントロール率は上がりますが、最初は靴紐のところにボールを当てましょう。

基本が大切です。

コツ2:リフティングを続けない

リフティングは続けないでください。

ん?何を言っているの?続けるのがリフティングでしょ?

とあなたは思われるかもしれません。

そう思われるかもしれませんが、これが上達の第一歩です。

どういうことかというと、リフティングを1回ずつ練習するということです。

 

具体的には、

 ・ボールを手で持ちます。

 ・1回リフティングします。

 ・胸あたりまで上がったボールを手でつかみます。

これを繰返すだけです。

1回1回、まるでボールに心があるかのように丁寧に扱いましょう。

 

ボールを掴むのは胸あたりが理想ですが、無理なくとれる範囲であればOKです。

1回1回きちんと胸あたりにきちんと戻ってくるようになったら、1回ではなく2回続けてリフティングしましょう。

ボールを手で持って、2回リフティングして、胸あたりまで上がったボールを手でつかみます。

これを繰り返すことです。

徐々に回数を3回、4回と増やしていきましょう。

そうすることで、目標の10回ができるようになります。

間違っても最初からリフティングを続けようと思わないでくださいね。

正しい姿勢が身についていないうちは、いくらやってもリフティングの回数は伸びていきません。

 

コツ3:リフティングは蹴っちゃだめ

リフティングするときは、ボールを蹴ってはいけません。

ん!!?また何を言っているんだコイツは、って声が聞こえてきそうですが…。

よく初心者が間違ってやりがちなのが、ボールを蹴ろうと思ってしまうこと。

ボールを蹴ろうとすると、軸がぶれてしまうので、ボールが思うようにコントロールできず、あっちこっちにいってしまいます。

意識的に大切なのは、落ちてくるボールに対してインステップをまっすぐ当てること、です。

蹴るのではなく、当ててください。

落ちてくるボールは、当てるだけで自然に飛びます。自然に浮きます。

中学の理科で習った力学の「作用反作用」ですね。

 

蹴ろうとすればするほどリフティングは難しくなります。

なので当ててくださいね。当てるだけで大丈夫です。

 

コツ4:一番重要!ボールの中心を捉える感覚を鍛える

これがめちゃくちゃ重要です。

というよりも、これを伝えたいために、この記事を書いたんですがw

では言います!

 

それは、

ボールの中心を捉える

ということです。

 

中心をまっすぐ蹴れば、ボールはまっすぐ上がります。

ボールが左右にずれる原因は、

 ・ボールの中心を蹴っていないか

 ・足の当たる位置がずれているか

のどちらかです。

なので、中心を捉えるトレーニングをしましょう。

 

具体的なトレーニング方法は

 ・心の中でボールの中心に点を作る

 ・その点にインステップを当てる

というものです。

 

それだけ!?って思うかもしれませんが、それだけですw

でも、それだけで変わりますから。

 

最初は中心の点に当てようとしなくてもいいですので、

中心の点を作ってからリフティングに挑戦してみましょう。

ボール中心の点は光る点をイメージするといいと思います。

ほかのコツは忘れてもいいですが、これだけは絶対に覚えていてくださいね。

リフティングがどうしても出来るようになりたい人は、寝ても忘れないでくださいねw

何も意識しないで練習するのと、何かを意識して練習することは天と地ほどの差があります。

 

コツ5:背筋を伸ばし、肩の力を抜く

常に背筋を伸ばす意識で練習しましょう。

サッカーでは背中が丸まってると上手くいかないことが多いです。

試合中に周りも見えなくなりますしね。

イメージとしては後頭部の方から糸で真上に引っ張られているイメージです。

うーん、あ!あった!こんな感じです!w

冗談ではないので悪しからず。

これはリフティングに限らず、どんなプレーでも有効なイメージ方法です。

 

それともうひとつ。リフティングで膝がかたいのはNGですね。

膝を柔らかくする意識が大切なんですが、マラドーナとかめっちゃやらかいですね。

説明しづらいので動画でどうぞ!w

 

下の動画の2:37のイメージです。

ボールをインステップにあてるときは、ピーンと膝を伸ばさないで膝を曲げる意識で。

あ、あと膝を柔らかくするためには肩の力を抜いてくださいね。

膝に意識しすぎると、逆に硬くなってしまいますから。

 

サッカーやフットサル初心者が絶対にやってはいけないこと

初心者のうちは利き足のみで蹴ってください。

両方できるようにならないといけないと言われるかもしれませんが、まず利き足の前にボールを置く感覚を身体にしみこませてください。

無理に左足で蹴ろうとするとサッカーの上達は遅くなります。利き足を意識するだけで上達速度がグングン上がります。

この法則をもっと詳しく知りたいければ、サッカーテクニック向上メソッド【CFHY01ADF】の教材を参考にしてみくださいね。

サッカー始めたころから知っていれば、もっとうまくなれたのに…と僕が後悔をした教材です。

これさえ知っていれば、人より10倍効率のよい練習ができると思います。

 

さらにリフティング上達を目指したい人

もっとうまくなりたい!と上昇志向が強い方は、リフティングボール、フットバッグを使ってみてくださいね。

テニスボールなどもかなり練習になります。これらは上級者でないと難しいですが。

 

↓気になる方は下記から購入してください↓

リフティングボールはステップ1から練習してみましょう。

最初は難しいですが、できるようになると楽しくなってきます!

余裕がある方はフットバッグにも挑戦してみてくださいね。

 

おまけ

サッカーやフットサルの上達を目指したい人は、常にボールに触れてください。

1日1回はボールに触れるとかそういうのもそうなんですけど、

試合見てる間、ベンチに座ってるときありますよね。

隙間時間というか、動いてないときとか、家の休憩中とか。

そのとき、足の裏、表のあらゆる部分でボールを触るんですね。

できれば素足がいいですね。

くねくねくねくねってボールを回しておくんです。

まさにキャプテン翼の「ボールは友達」を地で行くわけです。

 

リフティングで殻を破る

さいごにリフティングのメリットをまとめます。

 

リフティングができるようになると・・・

・あらゆるボールコントロール(シュート、パス、ドリブル、ヘディングetc)が上手くなる

・試合中に余裕が生まれる

・チームからの信頼を勝ち取れる

・運動不足を解消できる

・体幹やバランス感覚を養うことができる

・家族や友達とサッカーがさらに楽しめるようになる

・注目を浴びる

・モテる(かも)w

・ボールさえあればできるので、お金がかからない

・ストレス解消になる。

など、たくさんのメリットがあります。

あと僕の体験なんですが、リフティングをしているとなぜか「禅の域」に入ってくるんですよねw

リフティングするだけで心が落ち着いてくるんですw

共感していただける方がいたら一報いただきたいんですが。。。

ボールと身体があればできるのがリフティングの魅力。お金もかかりません。

素足でもリフティングはできますので、ぜひ楽しんでください。

 

さいごに

今回はリフティングについてざっと書いてみました。

上手くなればなるほど、成長できればできるほど楽しくなります。

 

僕がずっと続けてきたことなんですが、チームに入っている方は、

できればチーム練習の前に30分早く行って、練習すると上達度が変わります。

たった30分です。その30分で必ず上手くなります。

そういう意識で取り組むとまた違った世界が見えてくると思います。

大人になった僕は、今でも公園で一人でもボール蹴ってますからねw

 

これからサッカーに関する情報等、どんどん発信していきます^^

質問や要望などがありましたら、気軽にコメントやメッセージいただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

ではでは!