年子育児って何事も大変ですよね。日々の生活でも一番むずかしいと感じるのは寝かしつけではないでしょうか。

一人が泣けばもう一人が起きて…まだ上の子が自分で寝れない年齢なので、寝かしつけは至難のわざですよね。

そこでもうすぐ2歳になる息子と、生後3ヶ月の娘をもつ私が日々実践している寝かしつけ方を伝授します!

息子の寝かしつけについて

息子の寝かしつけに関しては毎日ルーティン化することで、それほど困ることなくできていました。(夜泣きはありましたが…。)

毎朝6時半に起こし、朝食をとり、外遊びをさせてお昼寝。

昼食をとり、ひたすら遊ばせてお風呂に入って夕食をとって、20時半には眠たいとぐずり出すので、そのまま寝室へ行きました。

最初のうちは抱っこをしながらゆらゆらとさせているうちに寝る。

といったスタイルでしたが、徐々に添い寝をしながら背中トントンで寝てくれるようになったのです。

何よりも決まった時間に食事やお風呂、起床することで決まった時間に眠たくなり寝てくれるようになりましたね。

しかしこのように決めていたリズムも、娘が誕生することによって当たり前ですがうまくいかなくなります

新生児なので何度も夜中に泣かれては授乳やオムツ替えをします。

隣で息子も寝ていたのですが、娘の泣き声で起きるのではないかとビクビクしながら毎晩過ごしていました。

息子が起きることなく朝を迎える日ももちろんありましたが、大体息子も目が覚めてしまい、二人同時に大泣きしてしまいます。

試行錯誤しながら年子二人の寝かしつけを行う

それからというものの、さまざまな方法を試しながら二人の寝かしつけを行いました。里帰り出産だったので、旦那に頼ることはできずどうしても一人で寝かしつけをしないといけませんでした。

まずはじめに試みたのは、夜だけミルクにする方法。元々完全ミルクで育てている方にはあまり参考にはならないかもしれませんが、娘を完全母乳で育てていたため、夜だけミルクにすることで腹持ちを良くし、娘の起きる回数を減らそう!という作戦でした。

しかしミルクの調乳から飲ませるまで、完全母乳に慣れていた私にとっては泣かせることなく行うのは至難の技。成功した日もありましたが、ほとんどは娘をギャン泣きさせてしまい、息子を起こしてしまうといった悪循環に陥ります。寝かしながらミルクをあげたり、ミルクをあげてからおむつを変えてみるなどさまざまな方法を試してみましたが、どうやらわが子には合わなかったようです。

画期的な年子の寝かしつけ方法を発見

娘の新生児期も終わり二人育児にも慣れてきた頃、私はある画期的な方法で二人の寝かしつけを行っていました。というものの、息子さえ寝かすことができ、起こさなければ娘の寝かしつけにはあまり苦労しなかったのです。

ある日インターネットで子供にもレム睡眠、ノンレム睡眠と眠りが浅くなったり深くなりながら睡眠につくことを知りました。そして私はこの情報を参考にしながらタイミングを重視し、寝かしつけを行うようになったのです。

具体的な方法は、まずはじめに娘(3ヶ月)を授乳しておむつを変えておきます。(そうすることで娘がお腹を空かせて泣くことがないため)

その後、息子(もうすぐ1歳11カ月)の寝かしつけに入るのですが、寝落ちしてすぐに娘の寝かしつけに入るのではなく、

息子が深い眠りに入るまで待ってから、娘の寝かしつけに入るのです。

私が知った情報では、浅い眠りと深い眠りの周期は15分から20分の間隔でやってくると書いてあったので、

10分くらい娘を抱っこしながらタイミングを見計います

ここまで寝かしつけを完成して、一番難しいのが寝た娘をベッドに下ろす瞬間です。

子育てしているママさんならご存知かもしれませんが、「背中スイッチ」が発動してしまい、それによって息子が起こされる。

いかに息子の深い眠りの間に、娘の背中スイッチを発動させずに娘を下ろすか、年子育児の寝かしつけの勝負だと個人的に思っています。

年子育児は授乳クッションをフル活用

そこで大活躍するのが「授乳クッション」です。

授乳クッションを壁沿いに置いて、背中が丸くなるように娘を授乳クッションと壁によってできた穴に下ろします

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのお腹の中で身体を丸めるように過ごしていたので、その体勢が落ち着くため、この方法が有効なんだとか。

なので実際に娘を下ろしても背中スイッチは発動することなく、寝かしつけを終わらせられます。

そんな娘も現在生後4ヶ月。寝返りもできるようになったので、現在はこの方法で寝かしつけられません。

里帰りも終了し、旦那もいるので寝かしつけは二人三脚で行っています。

(授乳クッションの関連記事はこちら→肩や腕、腰の負担を軽減!授乳クッションおすすめ3選

ずる賢く年子育児をしよう!

年子育児は本当に大変です。この4ヶ月毎日1度は思ってしまうほど大変です。

だからこそ教科書などに囚われずに、あらゆるものを利用しながらずる賢く育児をしてみませんか?

もしも年子のお子さんがいて、寝かしつけで悩んでいるようであれば、一度この方法で試してみてくださいね。