24時間365日、我が子と向き合うために奮闘するママたち。

先の見えない育児ストレスで他のことが手に付かない、心身ともに余裕がないと多くの『SOS』が聞こえてきます。

そんな育児ストレスを抱えた多くのママたちへ。

私が実際に救われた、イライラ育児と向き合うための魔法の言葉をご紹介していこうと思います。

「出来ない時もある」それでいい

何かをしはじめると、決まって泣き出す娘。

自分のしたい事、やらなければならない家事は育児が始まると思うようにいかないため、ストレスになりやすいです

帰宅した旦那さんに「ご飯はまだ?」なんて追い打ちをかけられイラっとくる事はないでしょうか?

出産前と同じ生活スタイルを保つのは理想的です。

でも現実はまったく思い通りにはいかないことの連続、気が付けば一日中食事を取れてないなんてことも・・・

疲れ果てていた私は一週間夕食の支度をサボり、インスタント食品を出し続けたことがありました。

主人にそろそろ文句を言われるだろうなと思っていた矢先、思いがけない言葉を言われたのです。

「出来ない時は出来ないでいいじゃない」

完璧にこなす、無理する必要はないと言われ、やらなければと囚われていた心が軽くなった瞬間でした。

出来ない時もある、コレはやらない と割り切ることも

育児のイライラを軽減するためには必要なことなのです。

母に言われた「手抜きをしても子供は育つ」

「手抜き」というワードに抵抗がある方もいるかと思いますが、手抜きをしたからと言って子供が育たないということはありません。

育児は時間と体力勝負!ママたちの生活スタイルの中でベストな手の抜き方を見つけてみてください。

私自身がやってよかったことは、

・離乳食はたまにレトルトを使う

・終らせたい家事中は、DVDかYouTubeを見せる

・セルフねんね(お気に入りのタオル、人形等があるといい)

このセルフねんね、娘に愛着心が出て来た頃、モコモコ素材のミニタオルを買って渡すと、それを握りしめスリスリしながら秒で寝たのです!今まで抱っこかおんぶでやっとだったのでとても驚きました。

他の手抜き方法もあるのでぜひこちらの動画も参考にどうぞ。

手抜きもいいけど、ゆっくり息抜きもしたいママにこんな方法もありますよ!

「今日はママ休みます!」

少しでいいからひとりの時間が欲しいと、託児所の検討や実際に利用されているママたちは多くいるのではないでしょうか?

リフレッシュする時間があるだけで育児へのモチベーションは変わってきますよね。

ですが、託児所の利用料金って意外と高い・・・

さらに予約が取りにくいなんて事もあります。

こんな時、役に立ってもらいたいのはパパたちの存在

月に1日だけでいいから、私にもリフレッシュ休暇をください!!

娘が9ヶ月を過ぎた頃、限界だった私は

思い切って主人に相談してみることに

「次のあなたの休み、ママ休んでもいいかな?」

あっさり承諾してくれましたが、主人の顔には不安の二文字が・・・

今まで娘と2人きりになったことがなかった主人

不安要素を少しでも取りのぞくため、育児連絡ノートなるものを用意し、出来るだけ事細かに書き留めて、主人に渡しました。

迎えた当日

「何かあればすぐ帰るから連絡して」と言い残し出発!

長くても2時間が限界かなと思っていたので、近場のショッピングモールに車を走らせました。

出掛けたはいいけど、やっぱり心配でこまめにスマホをチェック。

あっという間に時間は経ち、今から帰ると連絡を入れましたが一向に返信が返ってこない!

何かあったのではと心配で速攻帰宅、娘と一緒にお昼寝をしていた様でホッとしました。

帰宅した私に気付いたのか、のそのそ起きてくると

「さっき寝たから、まだゆっくりしてな」と言われ、お願いしてみるものだなと素直に嬉しかったのを覚えています。

パパにお願いするのは、正直不安なママたちも多いと思いますが、不安要素を無くす一工夫をしてみると、なんとかなるものです。

そしてパパたちの経験値にもなっていくので、ストレスが限界をむかえる前に是非お願いしてみてください。

「ママ大好きだよ」

想像してみてください。

寝ていただけの我が子が、笑い、歩き、話すようになった頃

日々のストレスによりボーッと座りながらテレビを眺めていると、小走りに駆け寄って来てあなたをギュっと抱きしめ「ママ大好きだよ」と呟く言葉を。。

どこの誰の言葉よりも、我が子の言葉ほど感情を大きく左右するものはない様に思います。

育児に掛ける愛情は必ずしも目に見えて返ってくるか分かりません。

我が子が成長した先で、ふとした言葉により今までの頑張りが報われる瞬間がどのママたちにも訪れるはずです。

無償の愛がゆえに、思いもよらないお返しが

今までのストレスを一気に吹き飛ばしてくれるはずです。

最後に

・出来ない時は無理してやらない(潔く)

・家事、育児は上手に手を抜く(自分の生活スタイルに合わせて)

・パパ(他に頼れる人)に助けて!の一言を

・成長する我が子のコトバが一番の薬

どんなママにもストレスはつきもの!

長い目で見ると、子供の成長はあっという間

ですが今が1番辛くて、踏ん張りどころでもあるのです

この先必ず出会えるあなただけの魔法のコトバが育児のストレスから救ってくれる日がきますよ。