「赤ちゃんとディズニーランドへ行っても全然アトラクション乗れないしまだ早いよね…?」

そう思っている方が多いのではないでしょうか。しかしご存知でしたか?ディズニーランドでは赤ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションが沢山あるのです!

ファストパスが取れるアトラクション

ファストパスとは?

出典:https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/guide/fastpass.html

ファストパスとは待ち時間を短縮することができる、ディズニーリゾート独自のシステムです。

ファストパスを発券すれば、指定された時間にアトラクションへ足を運ぶことで大幅に待ち時間を短縮してアトラクションに乗車する事ができるのです。

2019年からディズニーリゾートではアプリでファストパスが取得できるようになり、わざわざアトラクションまで行かなくてもパスを発券することができるようになりました。

赤ちゃん連れは移動が大変なので、ファストパスは効率良くディズニーリゾートの公式アプリを使ってどんどんとっちゃいましょう!

プーさんのハニーハント

ファンタジーランドに位置するアトラクション「プーさんのハニーハント」。

はちみつポット型の乗り物に乗りながら、プーさんの仲間たちとプーさんの大好きなはちみつを探しに行く冒険ができるライド型のアトラクションです。

プーさんのハニーハントはディズニーランド内でも1位を争う大変人気のあるアトラクション。

休日になると待ち時間が100分を超えることも。

こちらのアトラクションには身長制限がありません。

補助なしで一人で座ることができるのであれば、赤ちゃんでも乗車することができます。腰さえすわれば、歩くことができない赤ちゃんは乗ることができますよ。

スタンバイで乗車するのも良いですが、待ち時間が平均的に長くなりがちなアトラクションですので、ファストパスを取得して乗車することをおすすめします。

ホーンテッドマンション

ホーンテッドマンションはお化けたちが出没する建物に入り、冒険を繰り広げるライド型のアトラクションです。身長制限やその他乗車する際の制限がないため、月齢の低い赤ちゃんも抱っこ紐のままで乗車をすることができます。

乗り物も比較的にゆっくり進むので、赤ちゃん連れでも楽しむことができますよ。

しかしホーンテッドマンションはテーマが「おばけ」なので、怖がる赤ちゃんも中には居るかもしれません。

ホーンテッドマンションは11月から1月までの間に乗車することをおすすめします。なぜなら、その時期になると期間限定で「ホリデークリスマス」バージョンに変わるからです。

アトラクション全体がディズニー映画「ナイトメアビフォアクリスマス」のテーマになるので、通常のものより少しだけ可愛いキャラクターなどが出現するようになります。

もしかしたらその方が赤ちゃんも楽しむことができるかもしれませんね。

モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”

モンスターズ・インクもプーさんのハニーハントと同様、ディズニーランド内で大人気のアトラクションです。

トラムという乗り物に乗って、町の中を散策しモンスターの仲間たちを探しに行く旅に出るアトラクションです。

このアトラクションでは乗車中にライトをマークに照らすことで、モンスターが現れる仕組みになっています。

補助なしで座れるのであれば、赤ちゃんも乗車できるアトラクションです。大変にぎやかなアトラクションなので、赤ちゃんも楽しむことができますよ!

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

点数を競い合いしながら楽しむことのできるディズニーランド内でも数少ない「参加型アトラクション」です。身長制限もないので、家族全員で参加することができます。特にこのアトラクションは上の子がいる赤ちゃん連れにおすすめです。

シアター形式のアトラクション

出典:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/195/

シアタータイプのアトラクションは乗り物などに乗車をせず、スクリーンを通して楽しむことのできるまるで「映画館」のようなアトラクションのことをさします。身長制限がないため赤ちゃんも一緒に参加することができますよ。

フィルハー・ハーモニー

フィルハー・ハーモニーはドナルドがミッキーの演奏用の帽子を探しに様々な物語の世界へと旅に出るアトラクションです。

映像もディズニーキャラクターばかり登場するので、赤ちゃんも怖がることはないでしょう。

しかし、このアトラクションでは3Dメガネを着用する必要があるのでその点では注意が必要です。赤ちゃんのお昼寝の隙に行くことをおすすめします。

スクリーンに入る前で待つ際にもさまざまな仕掛けがあるので、待っている間も飽きの来ないおすすめのアトラクションです。

スティッチ・エンカウンター

スティッチエンカウンターはディズニーランド内でも比較的に新しいアトラクションです。実際にスティッチと会話ができるので、小さなお子様に大変人気があります

また、劇場ないの前方には小さなお子様が座ることのできる専用エリアもあるので、子供が見えないなどの心配もありません。

ゲストとディズニーキャラクターが会話できる一風変わったアトラクションなので、ディズニーランドへ訪れた際には是非乗ってほしいアトラクションです。

待ち時間が少ないアトラクション

ファストパスの発券が必要なく、比較的に少ない待ち時間で楽しむことのできるアトラクションを紹介します。

特に、まだ頻繁におむつ替えや授乳が必要な赤ちゃんを連れた方など、長時間待つことが難しい方におすすめです。

イッツ・ア・スモールワールド

2018年にリニューアルされたばかりの「イッツ・ア・スモールワールド」。

以前は一切アトラクションでディズニーキャラクターが登場することはなかったアトラクションですが、リニューアルによってさまざまな物語からディズニーの仲間たちが登場するようになりました。

子供たちも大好きな音楽「小さな世界」に乗せて、世界中へと旅に出るアトラクションです。

暗闇もなくいろんな景色が楽しめるので、1歳未満の赤ちゃんにはおすすめです。息子とこのアトラクションに乗った際には、終始機嫌よくきょろきょろして楽しんでくれていました。

待ち時間も長くても20分ほどなので、夏の暑い日や寒いときに休憩がてら乗車するのにピッタリなアトラクションです。

兄弟でディズニーの仲間たちの探し合いをするのも楽しそうですね!

空飛ぶダンボ

出典:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/169/

空飛ぶダンボに乗って大空へ舞うことのできるシンプルなアトラクションです。回転も速く、待ち時間が少ないため乗車しやすいです。赤ちゃんでも補助なしで座ることができれば乗車することができますよ!

実はこんなところも!

出典:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/194/

トゥーンタウン内に実は小さなお子様が遊べるエリア「トゥーンパーク」があるのをご存知でしたか?

ミッキーが子供たちのために作った彫刻という設定のこのパークは、歩き始めたばかりの赤ちゃんにぴったり!

私の1歳の息子も遊ばせてみましたが、一日で一番楽しそうに遊んでいました。床も柔らかい素材が使用されているので、お子様がこけても心配いりません。ディズニーランドに来たなら是非そこでお子様を遊ばせてみてくださいね!

ディズニーランドは赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクションが沢山あった!

知れば知るほど楽しむことができる夢の国、ディズニーランド。

赤ちゃんがいるからって、ほとんどのアトラクションに乗れなくなるわけではありません。

しっかりとした準備をして行けば、赤ちゃんと一緒にディズニーランドを楽しむことができますよ!