子供を育てていると、必ず考えなければならないのが、保育園選びではないでしょうか。

「子供がいくつになったら預けようかな…」、「どうやって保育園について調べたらいいの?」と悩みますよね。

現在、保育施設も増え、保育園、こども園、幼稚園と種類に分かれています。

地域によっては、こども園がないところもありますが、子供が毎日通う園ですから、慎重に選びたいところです。

保活を始めたいけど、まず何から始めるのかわからないという方の為に、園の種類、保活はいつからしたらいいのか、情報収集はどうしたらいいのか、まとめてみましたので参考にして下さい。

保活とは?

子供を保育所に入れるために、保護者が情報収集をしたり活動を行う事。

園の種類は?

認可保育園

別名「保育所」と言われ、保護者が働いていて、子供を見る事が出来ないお母さんの代わりに子供をお預かりする児童福祉施設です。

0歳~小学校入学前までの児童が対象で、都道府県知事が認めた保育所です。

認可外保育園

認可保育園とは預けられる条件の基準が緩く、企業内保育所やベビーホテルなど、認可保育園に入れなかった3歳未満の児童をお預かりする施設です。

認定こども園

保育園と幼稚園の良いところを合わせた施設で、0歳~小学校入学前の児童の教育、保育を設ける都道府県知事が認める施設です。

幼稚園

満3歳を対象にした、年齢に相応しい環境を整えた小学校入学する前までの児童をお預かりする教育施設です。

保活はいつからすればいいの?

子供をいくつから預けるかによって違ってきますが、

会社で育休をもらっている方は、

1年で仕事復帰になるので、妊娠中の時から準備を始めてもいいでしょう。

保活するにあたって情報収集はどうしたらいい?

保活をさっそくしよう!と思っていてもどのように始めたらいいかわからないですよね。

情報収集するポイントをいくつかまとめてみました。

市役所に行く

市役所で、「保育園探しているのですが…」と伝えると、

担当の職員さんが丁寧に説明をしてくれます。

また、見に行きたいと思う保育園を伝えれば、職員さんが保育園に電話してくれ、見学したい日を確認してくれます。

見学の際は、職員さんが一緒についてきてくれるところもあるので、とても心強いですね。

保育園見学に行く

実際に、保育園に足を運んだ方が、保育園の雰囲気や、先生、園児達の遊んでいる様子がわかりやすく見えるので保育園見学に行くことをおすすめします。

また、園長先生が丁寧に説明してくれると同時に園のパンフレットが頂けるところもあるので、帰宅してから、旦那さんと話し合う事が出来ます。

ママ友さんの口コミを聞く

市役所で職員さんに、保育園の事を聞くのもいいですが、やはり1番重要なのはママさんのリアルな声です。

ママ友さんの中には、現在園に通っている子供さんがいる人もいます。

ママ友さんの子供が通っている園の情報や、入園する前に見学しに行った園の情報を教えてくれます。

保育園に入れるかどうかは点数で決まる?

保育園に入れるかどうかは、点数を基準に判断すると言われています。

点数が必要なのは、認可保育園のみとなっています。

現在、共働きが多い時代となり、保育園を必要とする保護者が多い中で、希望する保育園に入る事は、保育園の職員の人数の関係で全員受け入れることは難しいです。

そのため、点数による保育が最も必要とされる家庭から優先させるという仕組みになっています。

点数は、

  • 標準指数
  • 調整指数

の2種類があります。

標準指数は、病気や怪我などの健康状態や、勤務状態の保護者の基本情報の計算をしたもの、調整指数は、シングルマザーなどの家庭の事情で判断する点数のことです。

保育園に入るのが難しいと言われているのは、点数で判断されてしまうことが一つの理由です。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください

保活のやり方を徹底解説!保活が大変な理由とは!?