寒い季節になってくると、鍋が恋しくなりますね。

家族や、会社の人、友人など大勢で、

鍋を取り囲んでの食事が増えてくるのではないでしょうか。

そこで問題となるのが、「直箸」です。

「直箸」という言葉、皆さん知っていますか?

これは育ってきた家庭環境によって、知っているか、知らないか分かれるようです。

例えば、友人と大勢で鍋を囲んだときに、誰かが使った箸で、自分の食べるものを取り分けてもらったとき、どう思いますか?

「いや、気にしないよ」という方も、「少し気持ち悪いなぁ」という方もいますね。

あなたは自分の使った箸を、そのまま鍋に入れて、具材を周りの人に取り分けますか?

もし、自分の箸をそのまま使って具材を取り分けるのであれば、それはマナー違反となってしまいます…!

「直箸」は、内心不快な思いをしている方も少なくないと思いますよ。

さらに恐ろしいことに、マナー違反の上、使った箸に付着した唾液から、

虫歯の原因になってしまうこともあるのです。

とても怖いですね…。

「直箸」について知らなかったという方も、知っているが曖昧だったという方も、

この機会に、マナーを覚えて、楽しく食事ができるようになりましょう。

箸のマナーについて

食事中に箸を使う国は、日本だけでなく、中国や韓国なども当てはまります。

日本では、たくさん箸のマナーがあり、そのことを「禁じ箸・忌み箸・嫌い箸」というように言います。

今回のテーマである「直箸」とは、大勢での食事や、大皿の料理が出てきたときに、自分の使った箸で、そのまま料理を取り分けることを言います。

驚くことに、日本ではマナー違反とされる直箸は、中国や韓国では、マナーだそうです。

国や文化によっても異なるものなのですね!

そして、食事中によくやってしまう、または見かける箸のマナー違反として、「逆さ箸」があります。

「逆さ箸」とは、自分の箸の上下を逆さにして、相手に料理を取り分けることです。

これもマナー違反となります。

「直箸」と一緒に、「逆さ箸」も、ぜひ覚えましょう。

マナー違反となる理由とは…?

なぜマナー違反となるのか…

それは、どちらも衛生的に良くないということ、そして周りに不快感を与える動作だからです。

➀直箸

まず直箸は、箸に付着したその人の唾液を、他の色々な料理に付けてしまうことになります。

他の人の唾液を「綺麗だ」と感じる人は少ないですよね。

その唾液に虫歯菌や、歯周病菌があったら、感染してしまう可能性が十分にあります。

その感染の可能性は、大人よりも小さな子どものほうが高いです。

もともと小さな子どもは、口内に虫歯菌や歯周病菌を持っていません。

そのため、直箸などで大人の唾液を介して、口内に菌を持ち込んでしまうということになります。

これは子育てをする上でも、気をつけたいことですよね。

もちろん子どもだけではなく、大人でも、直箸によって唾液を介して虫歯や歯周病になる危険性はあります。

②逆さ箸

次に「逆さ箸」についてです。

「逆さ箸」は、つい最近まで、私も実際にやっていました…。

自分の唾液が付着してない反対側で、料理を取り分ければ、

「失礼ではないだろう!」と思っていましたが、

よく考えると、もともと自分の手で掴んでいた方が「完全にキレイか」

と問われるとそうではないですね。

箸を掴んでいた手の平や指先にも、細菌が付着しているため、

料理からその細菌を取り込んでしまうことになります。

これも十分に気を付けてください。

では、料理を取り分けるときに、一番良い方法は何か。

取り分けるための箸を使うことが一番良いです。

取り分けるための箸のことを「取り箸」と言います。

それを用意するところからが、マナーだと考えた方が良いと思います。

マナーとは、礼儀作法や態度のことを言います。

客観的な視線を意識しなければなりません。

例えば、社会人になって、目上の人や同僚とご飯に行く機会も多いと思います。

そのときに「直箸」や「逆さ箸」をしてしまい、

内心不快な思いをしている人がいたら、嫌ですよね。

また、小さな子どもがいる場合、まずは親が、

子どもに虫歯菌や歯周病菌を移さないように気をつけましょう。

そして親が分かっていても、他の人が「直箸」や「逆さ箸」をすることで、

子どもの衛生面を良く保つことができなくなってしまいます。

十分に気を付けて見てあげる必要がありますね。

まとめ

➀箸のマナーについて

「直箸」と「逆さ箸」はマナー違反。

②今日から気をつけていきましょう

虫歯菌や歯周病菌をうつさないように、もらわないように気をつけましょう