結婚、妊娠、出産、育児と女性は人生の中で環境が変化する機会がいくつもありますよね。

結婚での引っ越しや妊娠・出産をして子供中心の生活になると、

自分自身の交友関係ではなく、

育児での交友関係が中心になってくるのではないでしょうか?

私も、もうすぐ4歳と2歳の女の子2人を育てる母親になり、

昔からの友人より子供関係で知り合った友人、

いわゆるママ友のほうが頻繁に会っています。

ママ友と聞くと、いじめやママ同士でのマウンティングなど

よくないイメージが強いですが、

上手に付き合うことで一番の良き理解者となることもあります。

そこで、私の経験を交えてママ友の付き合い方や本当にママ友は必要か?

というお話をしたいと思います。

 

どうしたらママ友がつくれるの?

私の場合結婚をして地元を離れ、

あまり知り合いがいない中で長女を出産したので、

毎日夜主人が帰ってくるまで赤ちゃんと2人だけの生活で、

息詰まりを感じていました。

誰でもいいからとにかく会話がしたい!と思い、

長女が4ヶ月になってすぐに住んでいる地域のママサークルや

支援センター等に通いました。

最初は、長女もまだ赤ちゃんの時期だったので子供同士遊ぶこともないし、

ママ同士も、グループができていて、一言二言話すだけで

友達と呼べるような関係にはなりませんでしたが、

徐々に顔見知りが増え、たまたまその日居合わせたママさんから

連絡先交換の提案を受けた複数人のママさん達と連絡を取り合い、

だんだん仲良くなり、今では家族ぐるみの付き合いをさせてもらっています。

人見知りだから、

『声をかけて連絡先を交換なんてとてもじゃないけど言えない!』という方でも、

ママ同士集まる場所へどこへでも行って、

顔見知りが増えるだけでもママ友作りへの第一歩になると思います。

何がきっかけで親密になるかはわかりませんからね。

 

ママ友と上手に付き合うには?

やっと連絡先も交換し、

遊べるようなママ友ができたけど上手に付き合っていくには

どうしたらいいのか悩んでしまう人も多いはず。

ましてや子供同士のつながりでできた友人となると本当に気が合うのかどうか

わからなくて不安になると思います。

私がママ友同士の付き合いの中で大事にしていることは

断っても大丈夫!断られても大丈夫!

です。

ママ友同士ご近所なので、公園へのおでかけやおうちに遊びに誘ってもらうときも

ありますが、

特別な用事がなくても、子供がお昼寝の時間やどうしても機嫌が悪くて

今遊びに行っても楽しめないなと思う時もあると思います。

そんな時は無理には行かず、はっきり理由を言って断ります。

逆も然りで、断られても気にしません。

断ったらもう誘ってもらえないかも…と考えてしまいがちですが、

子供のことが理由ならママ同士わかってもらえるはずです。

誘いを断っても断られても気にしない関係を作ることで、

お互い楽に付き合えるようになると思います。

ゆる~く楽~に付き合っていける関係が理想ですね。

 

本当にママ友は必要?

ママ友が本当に必要かどうかは人それぞれだとは思いますが、

私はママ友がいてくれてよかったと思います。

次女が誤飲の疑いがあり、パニックになってしまった私は、

近くのママ友に連絡をすると、

「ここの病院が大きいからいろんな検査ができるよ!長女ちゃんは見ているからすぐにいっておいで!」

といってくれ、長女を見ていてもらい次女をすぐに病院に連れていくことができました。

幸いレントゲンを撮っても何も映らなかったので、

誤飲はしていないだろうという診断で一安心することができました。

核家族やワンオペ育児が当たり前になっている今、助け合える仲間が

近くにいるということは私にとってとても心強いなと思える出来事でした。

 

幼稚園選びや入園で不安なあなたへ

私がこの記事を書いているときが、

ちょうど長女が幼稚園に入園したばかりですが、

やはり環境が変わると誰でも不安になりますよね。

幼稚園は、保育園より行事や親が関わることが多いと聞いていたので、

よりママ友関係では不安に感じていました。

 

今通っている園を選んだ理由として教育方針が気に入ったということもありますが、

ママさん達の雰囲気がよかったことも選んだ理由のひとつです。

入園前から園が開催するお遊び会や未就園児でも参加できる園の行事に行くと、

在園児のママさん達が気軽に声をかけてくれ園のことをいろいろ教えていただき、

とても雰囲気がいいなと思いました。

 

それぞれの幼稚園には様々な教育方針や理念があり、

その中から自分が考える教育方針と近い教育方針をもった幼稚園を選ぶといいと思います。

同じ幼稚園を選ぶということは同じような教育方針・考えを持った親が集まるので接しやすいのではないかなと私は考えます。

 

実際に通ってみても気さくな方が多く、これからいろんな行事で関われることが楽しみです。

大人になってから深い関係を築くのはとても大変で慎重になりますが、

子供同士がきっかけでできる友情もあながち捨てたものではないですよ。

是非新しい関係作り楽しんでくださいね。

参考記事