ハンバーグは人気の定番メニューの一つです。

王道のデミグラスソースハンバーグ、さっぱりとした和風おろしハンバーグ、

コクのあるチーズハンバーグ・・・。

私には主人と子供が二人いますがどれも皆大好きです。

「今日の晩御飯はハンバーグだよ!」

と言うと子供たちはとっても嬉しそうな顔になります。

しかし、今まで何度も失敗を繰り返してきました。

何だかパサパサする。

味がない。

柔らかすぎて形がぐちゃぐちゃ。

ハンバーグは簡単な様で実はとても難しいと思います。

そんなハンバーグ作りのちょっとしたコツを紹介できればと思います♪

まずはハンバーグの基本的な材料です。

【ハンバーグの基本的な分量(4人分】

牛ひき肉   250g

豚ひき肉   100g

玉ねぎ   2分の1個

卵     1個

パン粉  20g

牛乳  大1

塩    2g

コショウ  少々

ナツメグ  少々

小麦粉  適宜

サラダ油  大さじ1

ひき肉は割合が大切

ひき肉の割合は牛肉70%と豚肉30%の割合で買うのがおすすめです。

本格的に作りたい日はお肉はお肉屋さんで買うのをお勧めします。

スーパーで挽肉を買う場合は割合を確認してから購入してください。

牛肉100%の挽肉でも美味しいですが、

牛肉はハンバーグに多く使うと肉独特の肉感が強い食感になります。

そこで豚肉を入れる事でふっくらとした柔らかい食感になります。

好みではありますが、ハンバーグはふっくらしている事も美味しさの一つです。

具を混ぜる時に温度を合わせる

ひき肉・卵・炒めた玉ねぎなどを混ぜてハンバーグを成型していきますが、

混ぜるものの温度を合わせておくことはとても大切です。

玉ねぎなどを炒めたものは、当然熱くなっています。

急いでいるとついつい「まっいっか!」と

冷たいひき肉の中へ熱い玉ねぎを入れたくなります。

私も何度もそうやってきました。

でもそこは急ぐ気持ちをぐっと我慢して、具を冷ましてください。

どうしてかと言うと・・・

温度にバラつきがあることで具が馴染まない為、

食感がパサパサしたハンバーグが出来てしまうのです。

私の場合、待っている時間がないという事が多いので、

前の日に作っておいて冷蔵庫で冷やしておきます。

肉は良くこねる

ひき肉は良くこねた方が口当たりが良くなります。

こねが足りないとゴワゴワした食感になります。

滑らかな食感にしたいならば、ひき肉は白っぽくなるまでしっかりとこねてください。

手が汚れるのが気になる場合は使い捨てのビニール手袋がおすすめです。

しかし、ひき肉も生ものです。温かい手で長い時間こねていたらどうでしょうか?

肉の鮮度が落ちてしまいます。

良くこねる事は大切ですが、手早く済ます事も大切です。

つなぎのパン粉の固さを調節する

つなぎにはパン粉と牛乳を使います。

パン粉に牛乳を入れてふやかしておきます。

このつなぎですが、これはハンバーグをふっくら仕上げる為に重要なものです。

ひき肉の油の量、具の水分、卵の大きさなど、作る度に微妙に変わってきます。

レシピを見て材料を計って作る場合でも、まったく同じものはできません。

その時の気温もあるかと思います。

肉に油が多く、混ぜ合わせる時に手の温度で油の溶けだす量も変わります。

柔らかかったり固かったりします。

そこで、全体的に柔らかいと思ったら牛乳を少なめに、もしくは牛乳なしでも大丈夫です。反対に固いと思えば牛乳を多めにして水分を増やします。

その少しの事で仕上がりが随分変わってきます。

何度も作って感覚を覚える事が美味しく作るためのコツです。

肉汁を逃さない

ハンバーグから出てくる肉汁・・・想像しただけでも食欲が出てきます。

パサパサのハンバーグ・・・美味しくなさそうですよね。

肉汁溢れるハンバーグを作るために、肉汁を外に出さない工夫が必要です!

そのために小麦粉をつけます。

小麦粉で膜を作ってあげることでコーティングされます。

焼き加減に注意する

ハンバーグは厚みもあるため、中まで火が通っているのか気になりますよね?

ひき肉で火が通っていないものは怖いのでしっかり確認したいですよね!

フライパンで両面を焼くとどうしても表面ばかりが焦げてしまいます。

そこでまず中火で片面を焼き上げます。

色がついたらひっくり返して火を止めて下さい。

そこでアルミホイルをかぶせます。

後は余熱で火を通したいので少しの間そのままにしておきます。

そのひと手間を加える事で、ジューシーなハンバーグに仕上がります。

分かりやすい動画をご紹介します。良かったら参考にしてくださいね。

【ハンバーグソースのレシピ】

それではソースのレシピをいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

☆手作りデミグラスソース

■材料(4人分)
小麦粉      大さじ4
バター      大さじ4相当
コンソメスープ  カップ2
赤ワイン     カップ1
塩こしょう    適量
砂糖       適量
ナツメグ     少々
シナモンパウダー 少々
インスタントコーヒー(かくし味) 小さじ1/2

作り方 

  • 弱火でバターを溶かします。
  • 小麦粉がほんのり色がつくまで炒めます。 
  • ハンバーグとフライパンの肉汁をデミグラスソースの中に入れて4~5分煮込む。

手作り和風ソース 

■材料(3人分)
大根おろし(ソース用)  大さじ3
大根おろし(盛り付け用) お好みで
※醤油    大さじ3
※穀物酢   小さじ1
※みりん   大さじ2
※料理酒   大さじ2
※白ワイン  大さじ1
※黒胡椒   適量
大葉千切り(盛り付け用) お好みで

作り方

  • 大根をおろす
  • 材料を鍋に入れて加熱
  • 灰汁を取りながら軽く煮詰める
  • ③の中に大根おろしを入れる。

和風ハンバーグソース

■材料
水        100cc
砂糖       大さじ1
日本酒      大さじ1
醤油(薄口でも)  大さじ2~3
顆粒だし     小さじ1/2
ぽん酢      大さじ1/2
しょうが(チューブ) 3~4cm
にんにく      半かけ~1かけ
片栗粉       小さじ1
水         大さじ1程

作り方 

  • 水に砂糖・日本酒・醤油・ポン酢・本だしを入れる
  • ハンバーグを焼いた後のフライパンに①しょうが・にんにくすりおろしを入れる
  • 火を止めて水溶き片栗粉を加えとろみをつけて完成。

それでは美味しいハンバーグを作るコツをまとめます。

まとめ

  1. お肉は牛肉7:豚肉3がベストな割合
  2. こねるものの温度を合わせる
  3. 肉汁を外へ逃がさない為小麦粉をつける事
  4. 焼くときは温度に注意をして、余熱も利用しながら焼きすぎないようにする

少しの事ですが誰でも出来る簡単なポイントです。

このコツを抑えておけば、ソースを変えるだけで

色々なハンバーグへと変化させる事ができますね。

コツを覚えて皆大好きなハンバーグを作ってみて下さいね♪