赤ちゃんを授かる・・・

この神秘的な出来事を自分の身をもって体験する出産。

赤ちゃんを授かったら

自分の描く理想の出産というものを

一度は頭の中で思い浮かべることでしょう。

そこで今回は

私の出産体験をもとに帝王切開について

ご紹介していきたいと思います。

 

いろんな神話に騙されないで!

これは実際に私が体験した出来事です。

私は自然分娩ではなく

帝王切開で2人の赤ちゃんを産みました。

自然分娩とは違い、帝王切開にはある種の偏見や神話が蔓延しています。

それは

「自然分娩のほうが子供に愛情が湧くんだよ、お腹を痛めて産んだ子だから」

「帝王切開のほうがラクでしょ」

「お腹を痛めて産んだ子どもほど、子どもとの信頼関係ができるんじゃないの」

といったことです。

これは私が実際に言われた内容と聞いた話です。

自然分娩でも帝王切開でも

命を賭けて出産することに変わりはありません。

このような世間の偏見や心無い言葉を聞くたびに悲しくなりますよね。

出産を控えて不安がある方は

このような言葉を一見信じてしまいがちです。

でも、これは一つの固定観念です。

私も妊娠中は不安だったこともあいまって

かなり信じていた部分がありましたが

実際に帝王切開で出産しても

子どもに対する愛情が少ないなんてことはありません。

むしろ愛情は増すばかりです。

やはり、どんな出産でも自分の子はかわいいものですよね。

 

緊急帝王切開と予定帝王切開の違い

では、今から実際に経験した帝王切開についてご紹介しますね!

緊急帝王切開とは?

これは字のごとく緊急で手術することです。

赤ちゃんが生まれる少し前に

羊水が少ない状況が分かっていたため

赤ちゃんの心拍を確認しながら分娩室にいました。

しかし

急に陣痛のピークが!

その瞬間に破水!

もともと少なかった羊水が外に出ていってしまったため

赤ちゃんの心拍が下がりはじめ

緊急手術をすることになりました。

これが

一度目の帝王切開でした。

予定帝王切開とは?

これも字のごとく、

あらかじめ手術日を決めて出産する方法です。

赤ちゃんの誕生日はそこで決定します。

なんだが自分のカラダのリズムと異なる日に

誕生日が決まってしまうって不思議な感覚ですよね^^;

1度目の緊急帝王切開よりも

こちらの2度目の予定帝王切開の方が

「あの苦しい入院生活と痛みがまた始まるのか」

といった不安と憂鬱な気持ちが大きかったです。

では、

次に私が体験した手術~入院生活をお話したいと思います!

 

帝王切開後の気持ち

一人目は緊急帝王切開

二人目は予定帝王切開でしたが、

どちらもまず思ったのは

「あーやっと体重制限に縛られない!」

「やっと楽になるー!!」

でした笑

でも、

そう思いながらも

わが子に会えた瞬間は何も考えられず

自然と涙が出ていました。

待望のわが子との対面は

何ごとにも代えがたい神秘的な瞬間でした。

その後

「やっと終わった!」

と安心して手術後は身も心も疲れたのか

自然と眠気がきてスーッと寝てしまい30分後・・・

「イッ・・イタいっ!」

そう、ここからが痛みの始まりでした。

全身麻酔が切れて

帝王切開した部分が猛烈に痛みだしました。

その後、

筋肉注射を打ちました。

痛み止めです。

これもまた

「イタいっ!!」

と叫んでしまっていたぐらい。

しかも、

痛み止めが効き始めるまで30分ほどかかるため

それまでは痛みに気力で耐えるという過酷さ・・・。

傷口の痛み

後陣痛(産後大きくなった子宮が自然と戻ろうとして痛むこと。収縮時の痛みから第2の陣痛とも言われている)

ダブルの痛みが襲っていました。

一人目よりも断然二人目のほうが痛みは倍です笑

なぜなら

出産を繰り返すことにより子宮の収縮に時間がかかるからです。

あくまで私の体験なので

痛みは個人差があると思いますが

このときは痛みが強すぎて

記憶がないのが本当のところです。

 

私の入院スケジュール

私の入院スケジュールはカンタンに書くと

出産前の入院日数→1日

出産日→2日目

入院に慣れ始めた→産後5日目あたり

 抜糸→産後10日目

退院→産後14日目

と入院から退院まで約2週間でした。

短いようでとても長く感じた2週間です。

 

産後1日目~2日目 ~絶食からの脱却~

産後

痛み止めを打つことを繰り返し続けながら

少し時間がたったころ・・・。

やっと話せる余裕がでてきて

ちょっと身体動かせるかなっと身体を動かした瞬間!

「痛っ!!!!!」

傷口が想像以上に痛すぎて

悶えていたのを覚えています。

産後は身体を動かさないと

血栓症という

「同じ体勢のままで寝ていると体の中に血栓ができる症状」

が出てしまうらしく

動かそうとするたびに激しい痛みがありました。

動かく気力すらなくなる痛みです。

私は人よりも痛みに敏感なのか

その記憶が鮮明に残っています。

二日目から

痛み止めの注射からお薬に変更となり

注射の痛みからはさよならできました。

この頃と同じ

産後2日経った夕方。

絶食、絶飲の縛りから解放されました!

陣痛、出産から約2日ぶりに食事もできて

「やっとまともな生活ができる!」

と嬉しくなりました。

 

産後3日目 ~痛み止めお薬に変更&待望のシャワー~

産後すぐにはお風呂に入れませんでした。

2日目までは身体を拭く程度で

手術後3日目にやっとシャワーを浴びることができました!

シャワーを浴びる前までは

とにかく頭がかゆくてかゆくて

水道の蛇口を見るだけで水でもよいので頭を洗いたかったくらいです笑

シャワーを浴びた後は

「もう立ってられない!!」と思うくらい

疲れてしまっていました。

それは傷口の痛みが強く

シャワーを浴びている最中はかがむ姿勢(前傾姿勢)を保っていなければならなかったからです。

何度も座り込んで休みながらシャワーを浴びていたのを鮮明に覚えています。

ちなみに

初めてお腹の傷口を見たのは

シャワーを浴びるときでした。(手術後3日目)

あまりにグロテスクで卒倒しそうになりました。

そして

「うわぁ、カラダに傷入っちゃった」

と正直とてもショックでした。

でも、この傷があるからこそ

子どもを産んだ責任と親としての自覚

そして何より

子どもに対する愛情が自分の中でより一層感じられるのかなぁと思います。

 産後5日目~7日目 ~慣れてきた入院生活と沐浴~

入院生活にも慣れ始めたのが産後5日目以降でした。

私が入院していてた産院は母子同室だったため

新生児の授乳やおむつの取り換えなど

自分で行っていました。

最近はほどんど母子同室が増えてきていますよね♪

その中でも私が最も不安だったのが

『沐浴=赤ちゃんをお風呂に入れること』

でした。

自分ではじめて沐浴したのが

手術後7日目でした。

とはいえ

助産師さんがほとんど入れてくれていました笑

ご指導を受けながら少しずつ覚えていきました。

赤ちゃんにもしものことがあったら大変ですから

助産師さんの話にしっかり耳を傾けて

注意深く動きを観察するようにしていました^^;

もともとあまり手先が器用ではないので

「首もすわっていないわが子をお湯につけるなんてドキドキ!!」

の連続でした笑

 

産後10日目~退院 ~身体復活&抜糸~

普通に身体を動かせるようになってきたのは

産後10日程度でした。

産院によって異なるとは思いますが

抜糸を行ったのも産後10日後です。

抜糸した頃には、

正直

「早く!ここから出て外の空気に触れたい!」

と思っていました。

その4日後に無事に母子共に退院できました。

以上が私が体験した帝王切開と二週間程の入院生活になります。

~まとめ~

①帝王切開における愛情不足説は固定観念

②帝王切開には緊急帝王切開と予定帝王切開がある

③帝王切開後は記憶がなくなるくらい痛い

④普段の生活に戻るまでには産後10日以上かかる

 

~最後に~

「帝王切開=ラクな産み方」と思っている方は少なからずいます。

私の周りにもいました。

経験ある方が「ラクだった」ということはできると思いますが

経験されていない人が「ラクだ」とは言い切れる根拠がありません。

正直、私自身もそう考えていた一人ですが

実際に経験してみると全然ラクではなく

苦痛で大変な思いをしました。

自然分娩には自然分娩の

帝王切開には帝王切開の

苦しみがあります。

また、

自然分娩、帝王切開、無痛分娩などの出産方法によって

「わが子に対する愛情は変わる?」と

聞かれたら私は全く変わらないと思います。

現在進行中で育児していますが、

愛情たっぷりに育てています。

むしろ、私自身は帝王切開の傷跡こそが

これからの子育てに対する精神的な支えになっていくものだと思っています。

なので

帝王切開に対する世間の偏見や心無い言葉は無視しましょう。

これから帝王切開を行うママさんを心から応援しています。

この記事が少しでも参考になってくれたらいいなと思っています。

参考記事

帝王切開の入院準備には何が必要?帝王切開2回経験した私がお伝えします!

帝王切開後の入院生活ってつらい?~私の出産体験談~

帝王切開後の傷跡はチクチク痛んだりかゆくなるの?私の体験談

初めての出産は万全な準備を!必要なものリストをご紹介します!

〜産休中の過ごし方〜  何をして過ごすか迷っている妊婦さん必見!!

医師から切迫早産と言われた私が入院生活を乗り越えたコツとは?

つわりひどくて食事が摂れない!ひどいつわりを乗り越えた私の対処法とは?