オリゴ糖とは

便秘だけど薬は飲みたくない…

そんな時、あなたならどうしますか?

野菜をたくさん食べる。運動する。水分をとる。ヨーグルトを食べる。

いろいろな方法がありますが、どれもいまいち効果がない…

というとき、オリゴ糖を取り入れてみるのも良いかもしれません。

オリゴ糖は、2~10個の糖がくっついたものの総称で、牛乳や乳製品に含まれるガラクトオリゴ糖、果物などに含まれるフルクトオリゴ糖、大豆や豆製品に含まれる大豆オリゴ糖など、様々な種類があります。

どれも、腸内にいる善玉菌を活性化して、腸内環境を整え、便秘などの腸のトラブルを改善してくれる効果があります。

また、砂糖よりも低カロリーなのに、しっかりとした甘味があるので、砂糖の代わりに甘味料として使うと、カロリーダウンに繋がります。

オリゴ糖の働き

腸の中には、大きく分けて3種類の腸内細菌がいます。

腸内環境を良くしてくれる善玉菌と、腸内環境を悪化させる悪玉菌、一番数が多く、どっちつかずの日和見菌です。

腸内の善玉菌の数が増えると、日和見菌は善玉菌の見方をするため、腸内環境が良くなります。

ところが、反対に悪玉菌の数が増えてくると、日和見菌は悪玉菌の見方をするようになり、腸内環境が悪化し、便秘などのトラブルに繋がります。

そんな時に、オリゴ糖を摂取すると、オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えるのを助けてくれるのです。

オリゴ糖はいつ、どれくらい摂るのがいい?

オリゴ糖は薬ではなく食品なので、いつ、どれくらいの量を摂取するという決まりはありません。

ただし、たくさん摂り過ぎてしまうと、お腹が緩くなってしまったり、ガスが溜り、お腹が張ってしまったりすることもあるようです。

また、製品によってオリゴ糖を含んでいる量が違うため、摂取量の目安が書かれている製品を選んで使うようにするか、少量ずつ試してみて、自分の適量を探るようにすると良いです。

摂取するタイミングは、自分で使いやすいタイミングにして大丈夫です。

甘味があり、オリゴ糖の他にも砂糖などが含まれている製品も多いので、砂糖の代わりに料理に使ったり、紅茶やコーヒー、ヨーグルトに混ぜたり。

甘味料として使うのがオススメです。

オリゴ糖は善玉菌のエサ。つまりはごはんなので、一番大切なのは、継続して使うことです。

おすすめオリゴ糖製品

オリゴ糖は妊娠中や乳幼児にも使えるため、人気があり、多くのメーカーから販売されています。

粉末タイプだけでなく、シロップ状の液体として売られているものもあります。

塩水港精糖株式会社 オリゴのおかげ

製品中、オリゴ糖が30%含まれている、「オリゴのおかげ」シリーズと、

40%含まれている「オリゴのおかげダブルサポート」シリーズ、

1包(5g)あたり2.6gのオリゴ糖を含む、「オリゴスティック」シリーズの3種類を販売しています。

「オリゴのおかげ」シリーズ

 特定保健用食品(乳果オリゴ糖)として認定されています。

 シロップタイプで、1日ティースプーン2~5杯を目安に使うと効果的。

 砂糖の80%の甘味があり、カロリーは砂糖の約半分で、1gあたり2.3Kcalです。

「オリゴのおかげダブルサポート」シリーズ

 特定保健用食品(乳果オリゴ糖)として認定されています。

 シロップタイプと粉末タイプの2種類があります。

シロップタイプは1日ティースプーン2杯、粉末タイプは1日1包(6g)が目安です。

シロップタイプは砂糖の50%程度の甘味で、甘味が強いものが苦手な方向けです。

粉末タイプはスティック状に個包装されているので、旅行や外出時にも便利です。

「オリゴスティック」シリーズ

 特定保健用食品ではありません。

 粉末タイプで、1回分(5g)でスティック状に個包装されています。

 「オリゴのおかげダブルサポート」のスティックと比べると少ないため、オリゴ糖を初めて使う方が、少量から試したい場合に良さそうです。

北の快適工房 カイテキオリゴ

粉末タイプのオリゴ糖で、1日5g(付属のスプーン1杯)が目安量です。

てんさいや牛乳などから抽出したオリゴ糖なので、複数のオリゴ糖が、高濃度で含まれていることが特徴です。

甘味は砂糖の1/4程度で、比較的弱いです。

1回分ずつ包装されていないので、量を調節しやすいのも良い点です。

便通を改善するオリゴ糖食品『カイテキオリゴ』

日本オリゴ株式会社 フラクトオリゴ糖

特定保健用食品(フラクトオリゴ糖)として認定されています。

製品中40%のオリゴ糖が含まれていますが、32.5%は砂糖でできています。

シロップタイプで、1日あたり大さじ1杯(15g)が目安です。

カロリーは砂糖の約半分です。

まとめ

今回は、オリゴ糖の効果や使いかたについてご紹介してきました。

  1. オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える
  2. 砂糖より低カロリーなので、砂糖の代わりに使うとカロリーダウンに繋がる
  3. オリゴ糖には様々な種類がある
  4. 食品なので、決まった量や使い方はないが、継続することが大切
  5. オリゴ糖製品は多いので、製品の特長を見極め、自分に合った製品を見つけよう

オリゴ糖というと、便秘のイメージが強いと思いますが、

便秘でない方が予防として使ったり、カロリーダウンを狙って使ったりすることもできます。

オリゴ糖で、便秘知らずの腸美人になりたいですね。

また、便秘でいろいろ試してもなかなかスッキリしない場合や、

乳幼児期の頑固な便秘には、病気が隠れている場合もあります。

早めに病院で診てもらうのも1つの選択肢です。